系統樹マンダラ・シリーズ【霊長類編】両面特大ポスター(折り畳み) ☆新発売!

☆ポスター全編<折り畳み>タイプの送料無料キャンペーン☆

サルの進化が一目でわかる!
両面特大ポスター。

Primates Family Tree Mandala
系統樹マンダラ・シリーズ【霊長類編】

「系統樹マンダラ」は、進化の系統樹の法則に従い動物を配置したもの。
ひとつの共通祖先から、現在の地球上に生きる多様な生き物への進化の
繋がりを一枚の絵で表現している。見ているだけで楽しい、
新しいサイエンティフィック・ビジュアルポスター。
中高理科の生物進化教材としても好評です。

【表面】
36種の生き物の絵は、本ポスターのために描き下ろされたもの。
骨格、筋肉まで意識した細密画は魅力的で見飽きることがない。
中央のブラックホール型の系統樹は、周囲を現在に設定。
一層が2,000万年単位で、過去1億年の分岐年代を正確に表示。
1億年前から現在までに、ヒトを含む霊長類がどのように進化したかを示している。
総監修は日本で唯一の霊長類専門の博物館・動物園である日本モンキーセンター。
系統樹は世界的な進化生物学者の長谷川政美博士が監修し、
化石霊長類の復元画は数多くの霊長類の化石を発掘してきた高井正成博士が監修した。
デザインは、朝日新聞GLOBEや「翼の王国」等のデザインで
知られるエディトリアルデザインのトップランナー、
木村裕治氏が担当しています。

【裏面】
ポスター裏面では、霊長類の進化の様子をわかりやすく解説。
系統樹マンダラの見方も掲載しています。

【タイプ】
折り畳めてコンパクトなサイズで保存できるタイプです。
通常のポスタータイプ(ケース入り)もございます。

【サイズ】
サイズ:タテ 59.4cm×ヨコ 84.1cm(A1)
ケース:長さ:約65cm 径:約5cm

【スタッフ】
総監修:公益財団法人日本モンキーセンター
監修(分子系統):長谷川政美(統計数理研究所)
監修(化石):高井正成(京都大学霊長類研究所)
イラストレーション:小田 隆
アートディレクション:木村裕治
解説:早川卓志、高野 智(日本モンキーセンター)
デザイン:後藤洋介(木村デザイン事務所)
ダイアグラム:坂野 徹(金沢美術工芸大学)
プリンティングディレクター:熊倉桂三(山田写真製版所)
協力:京都大学霊長類研究所、京都大学野生動物研究センター、
   京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院
編集:畠山泰英
発行・発売:株式会社キウイラボ

型番 4589950200938
販売価格
2,484円(税184円)
購入数