系統樹マンダラ・シリーズ【鳥類=恐竜編】両面特大ポスター(ヒラ・ケース入り) ☆国立科学博物館ミュージアムショップで取扱中!

恐竜から鳥類への進化が一目でわかる!
両面特大ポスター。

系統樹マンダラ・シリーズ【鳥類=恐竜編】

「系統樹マンダラ」は、進化の系統樹の法則に従い動物を配置したもの。
ひとつの共通祖先から、現在の地球上に生きる多様な生き物への進化の
繋がりを一枚の絵で表現している。見ているだけで楽しい、
新しいサイエンティフィック・ビジュアルポスター。
中高理科の生物進化教材としても好評です。

【表面】
56種の恐竜と鳥類の絵は、本ポスターのために描き下ろされたもの。
骨格、筋肉まで意識した細密画は魅力的で見飽きることがない。
中央のブラックホール型の系統樹は、周囲を4500万年前に設定。
一層が1500万年前に対応して、6,600万年前の非鳥恐竜の大絶滅を正確に表示。
約2億3000万年前の非鳥恐竜の進化から始祖鳥、
いま地球上で繁栄する鳥類、古顎類、新顎類への進化のつながりがわかります。
恐竜は絶滅していないどころか、いま鳥類=現生恐竜として1万種を超え、
とても繁栄しているとも言えるのです。

【裏面】
ポスター裏面では、恐竜から鳥類への進化の様子をわかりやすく解説。
系統樹マンダラの見方も掲載しています。

【タイプ】
通常のポスタータイプ(ケース入り)です。
折り畳めてコンパクトなサイズで保存できるタイプもございます。

【サイズ】
サイズ:タテ 59.4cm×ヨコ 84.1cm(A1)
折り畳みサイズ:タテ 約30cm×ヨコ 約11cm

【スタッフ・プロフィール】
監修:長谷川政美(はせがわ まさみ)
 1944年生まれ。進化生物学者。復旦大学生命科学学院教授(中国上海)。
 統計数理研究所名誉教授。総合研究大学院大学名誉教授。理学博士(東京大学)。
 著書に『分子系統学』(岸野洋久氏との共著)『DNAに刻まれたヒトの歴史』
 (共に岩波書店)『新図説 動物の起源と進化―書きかえられた系統樹』(八坂書房)
 『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』(ベレ出版)など多数。
 1993年に日本科学読物賞、1999年に日本遺伝学会木原賞、
 2005年に日本進化学会賞・木村資生記念学術賞など受賞歴多数。

イラストレーション:小田 隆(おだ たかし)
 1969年生まれ。画家。東京芸術大学美術学部絵画科卒業、同大学院美術研究科修了。
 古生物学研究者とのディスカッション、論文等の裏付のもと、科学的な視点から、
 恐竜等の古生物の復元画を描く。本ポスター掲載の58種はすべて描き下ろし。
 おもな著書には、『ティラノサウルス』『アパトサウルス』など。
 そのほか、国立科学博物館や愛知県豊橋市自然史博物館等、
 各地の博物館に復元画を多数おさめる。成安造形大学デザイン科准教授。

アートディレクション:木村裕治(きむら ゆうじ)
 1982年木村デザイン事務所設立。『Esquire日本版』を創刊より10年間、
 全日空機内誌『翼の王国』を18年間、プルーストの『失われた時を求めて』
 (鈴木道彦訳、集英社)など、多くの雑誌、書籍にアートディレクター、
 デザイナーとして携わる。2002年、講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。
 2009年、「朝日新聞GLOBE」のエディトリアルデザインでADC賞受賞。

【スタッフ】
監修:長谷川政美(進化生物学者)
イラストレーション:小田 隆
アートディレクション:木村裕治
デザイン:後藤洋介(木村デザイン事務所)
ダイアグラム:坂野 徹(金沢美術工芸大学准教授)
プリンティングディレクター:熊倉桂三(山田写真製版所)
編集:畠山泰英
発行・発売:株式会社キウイラボ

型番 4589950200044
販売価格
2,700円(税200円)
購入数